ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

平行ねじゲージ/ISO方式

限界ねじゲージには、測定すべきねじの等級と同じゲージの等級が決められています。使い方としては、限界ねじゲージの通りゲージが無理なく通り抜け、止りゲージが2回転以上ねじ込まれない場合に、そのゲージによる等級検査に合格したと判定します。
弊社では、JIS規格限界ねじゲージの量産の他あらゆる規格のねじゲージを設計製作いたします。

平行ねじゲージ/ISO方式

検査対象検査箇所名称記号名称記号
おねじ有効径通りねじリングゲージGR通りねじリングゲージ用通り点検プラグGF
通りねじリングゲージGR通りねじリングゲージ用止まり点検プラグGRNF
通りねじリングゲージGR通りねじリングゲージ用摩耗点検プラグGW
止まりねじリングゲージNR止まりねじリングゲージ用通り点検プラグNRGF
止まりねじリングゲージ NR止まりねじリングゲージ用
通り点検プラグ
NRNF
止まりねじリングゲージGR止まりねじリングゲージ用摩耗点検プラグNW
外径外径用リングゲージPR--
外径用はさみゲージPC--
めねじ有効径通りねじプラグゲージGP--
止まりねじプラグゲージNP--
内径内径用プラグゲージPP--

型番構成

平行ねじゲージ/旧JIS方式

平行ねじゲージ/旧JIS方式

【ISOゲージ方式の特長と従来のJISゲージとの相違点】
従来のJISゲージ方式では、ゲージの止り側については使用目的により「工作用」と「検査用」がありましたが、通り側、止り側とも検査用・工作用の区別がなくなりました。
従来のJISゲージ方式では、ゲージの止り側については検査用・工作用の区別がありましたがISOゲージ方式にはありません。従って規格の要求内に入っている(許容できる磨耗を見込んで)ことがわかっている、いずれかの形式のゲージによって満足されることが示されるならば、その製品は受け入れ可能です。
おねじの外径用ゲージとして、従来のはさみゲージに新たにリングゲージが追加され、テーラーの原理を満足するようになりました。

【ねじリングゲージの合否の判定】
従来のJISゲージ方式では、ねじリングゲージは、はめあい点検ゲージに無理なく、遊びなく、ねじこまれることにより、合格品と定めます。ISOゲージ方式では、ねじリングゲージは「通」「止」の2本の点検プラグによってチェックします。
通り点検プラグが無理なく通り抜け、止り点検プラグが1回転を超えてねじこまなければ合格と判断します。

【磨耗点検プラグ】
摩耗点検プラグの止り側は従来、「ゲージの寿命の増大とねじ製品の合格率の減少とを見合わせて、使用者において適宜に定める」ということでJIS化されていませんでしたが、新しくISOの規定のものをJISにも導入しました。

メートル並目ねじ

はめあい区分めねじ/おねじ適用範囲ISO等級従来のJIS等級
めねじM1以上4H(M1.4以下)1級
おねじM1以上5H(M1.6以上)1級
めねじM1以上4H1級
めねじM1以上5H(M1.4以下)2級
めねじM1以上6H(M1.6以上)2級
おねじM1以上6H(M1.4以下)2級
おねじM1以上6G(M1.6以上)2級
めねじM3以上7H3級
おねじM5以上8G3級

メートル細目ねじ

はめあい区分めねじ/おねじ適用範囲ISO等級従来のJIS等級
めねじM1x0.2以上4H(M1.8x0.2以下)1級
めねじM1x0.2以上5H(M2x0.25以上)1級
おねじM1x0.2以上4H1級
めねじM2.5x3.5以上6H2級
おねじM1x0.2以上6H(M1.4x0.2以下)2級
おねじM1x0.2以上6G(M1.6x0.2以上)2級
めねじM4x0.5以上7H3級
おねじM8x1.0以上8G3級

平行ねじゲージ/旧JIS方式

検査対象検査箇所名称記号名称記号
おねじ有効径通りねじリングゲージGR通り側はめあい点検ねじプラグゲージGF
通りねじリングゲージGR通り側摩耗点検ねじプラグゲージGW
工作用止まりねじリングゲージWR止まり側工作用はめあい点検ねじプラグゲージWF
検査用止まりねじリングゲージIR止まり側検査用はめあい点検ねじプラグゲージIF
外径工作用限界はさみゲージWS--
検査用限界はさみゲージIS--
めねじ有効径通りねじプラグゲージGP--
工作用止まりねじプラグゲージWP--
検査用止まりねじプラグゲージIP--
内径工作用限界プラグゲージWM--
検査用限界プラグゲージIM--

型番構成

平行ねじゲージ/管用平行ねじゲージ

管用平行ねじゲージは、管用平行ねじの検査に使用します。
管用平行ねじは、前JISではPFという記号を使いましたが、ISOを導入した現JISは、ISO方式のものはGという記号を使います。

平行ねじゲージ/管用平行ねじゲージ

JIS区分方式記号種類等級呼び範囲
JISISO規格本体G管用平行おねじA級・B級1/16~6
JISISO規格本体G管用平行めねじ-1/16~6
JIS前JIS付付属書PF管用平行おねじA級・B級7~12
JIS前JIS付付属書PF管用平行めねじA級7~12
-前JIS付付属書PF管用平行おねじA級・B級1/8~6
-前JIS付付属書PF管用平行めねじA級1/8~6

平行ねじゲージ/標準ねじゲージ ST

標準ねじゲージは、しっくりとはめあわせされたねじゲージとが一対になっており、ねじの基準寸法に近く製作されています。
このゲージは、主として製品ねじに直にはめあわせて使用します。

平行ねじゲージ/標準ねじゲージ ST

テーパねじゲージ/管用テーパねじゲージ R

管用テーパねじゲージは、管用テーパおねじテーパめねじ及び、テーパおねじにはめあう管用平行めねじの検査に使用します。
管用テーパねじの場合、PTという記号を使いますが、ISOを導入した現JISは、ねじの種類によってR、RCという記号を使います。

テーパねじゲージ/管用テーパねじゲージ R

表示例
テーパねじプラグゲージR11/2
テーパねじリングゲージR11/2
点検プラグゲージ 

※テーパねじリングプラグゲージの表示記号はありません。

テーパねじゲージ/管用テーパねじゲージ PT

ご使用方法は、ゲージを手締め(Hand Tight)ではめあわせて、管または管接手の末端(平行めねじの口元に面取りのある場合はその部分を除く)が、切欠きの範囲内であれば合格と判定します。

テーパねじゲージ/管用テーパねじゲージ PT

製品ねじの検査

 記号種類ゲージの使い方(いずれも手でねじ込む)
規格本体のねじR管用テーパおねじテーパねじリングゲージの最小端面と最大切り欠きの間に管端があれば合格
規格本体のねじRc管用テーパめねじテーパねじプラグゲージの最小切り欠きと最大切り欠きの間に管端があれば合格
規格本体のねじRp管用平行めねじテーパねじプラグゲージの最小切り欠きと最大切り欠きの間に管端があれば合格
付属書のねじPT管用テーパおねじテーパねじリングゲージの最小端面と最大切り欠きの間に管端があれば合格
付属書のねじPT管用テーパめねじテーパねじプラグゲージの最小切り欠きと最大端面の間に管端があれば合格
付属書のねじPS管用平行めねじテーパねじプラグゲージの最小切り欠きと最大端面の間に管端があれば合格

テーパねじリングゲージの検査

記号種類ゲージの使い方(いずれも手でねじ込む)
Rテーパねじ
リングゲージ
CPの基準と切り欠きとテーパねじリングゲージの最大端面とのずれを測定し、規定内にあれば合格
RTテーパねじ
リングゲージ
テーパねじプラグゲージの小端面とテーパねじリングゲージの最小端面とのずれを測定し、規定内にあれば合格

テーパねじゲージ/管用テーパねじゲージ(アメリカ規格)

現在使用されている代表的な規格としては下記などが挙げられます。
代表的な規格NPT:American(National) Standard Taper Pipe Thread. 耐密用としてNPTF:Dry seal American Standard Taper Pipe Thread. 航空機用としてANPT:Aeronautical National Standard Taper Pipe Thread.

テーパねじゲージ/管用テーパねじゲージ(アメリカ規格)

プレーンゲージ/モールステーパゲージ・ナショナルテーパゲージ

テーパゲージは、テーパ製品のテーパとテーパの基準径(大端径または小端径)を検査するのに用いられます。このゲージは、テーパプラグゲージとテーパリングゲージとがはめあった、一組のゲージとなっているのが普通です。一般には、テーパの種類として、モールステーパ、ナショナルテーパ、ブラウンシャープテーパがあります。
検査方法としては、ゲージに切欠きを設けて、製品の基準とすべき端面が止まる位置によって判定する方法と、テーパプラグゲージの大端側に面線をつけ、それによって判定する方法とがあります。

プレーンゲージ/モールステーパゲージ・ナショナルテーパゲージ

プレーンゲージ/限界ゲージ

限界ゲージは、穴または軸の最大許容寸法を基準とした測定端面と、最大許容寸法を基準とした測定端面をもつゲージです。
限界ゲージの公差は、製品の穴、軸の公差に関連して定められており、製作上の難易にも差があるので、限界ゲージの公差の等級は、これに適用する穴または軸の等級と、限界ゲージの種類とに応じて規定されています。

お問い合わせ
第二営業部

このページトップの先頭へ