ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

計測・検査装置/画像検査装置 検査アプリケーション事例

課題

カップ飲料製造業社がリークテスターでカップと蓋のシール箇所を漏れ検査して出荷していたが市場では、シール剥がれによって中身の飲料が漏れ出るトラブルが多発した。

! TOSOK Solution

NG品を検証すると、カップフランジ巾3mmの内、蓋がずれて1mm程度しかシールされないことが判明。シール巾が狭いことから、トラックへの積み込み時の衝撃や輸送時の振動などによって剥がれたものと判断し、シール巾を透過照明で浮かび上がらせて画像処理をする装置を提案し、導入に至った。
現在は、画像検査装置で検査した後にリークテスター検査を実施しており、画像検査でOK判定の出たものは、全てがリークテスターでもOKと判定されている(市場クレームは3年間で0件)。今後は、同画像処理装置のみで検査完了ラインを構築していく予定。

このページトップの先頭へ

課題

ペットボトルキャップ開栓時の手傷事故クレームを無くしたい。

! TOSOK Solution

従来ペットボトル飲料生産ラインでは、分度器でキャップとボトルの所定マーク(ねじ始りマーク)を抜き取りで測って緩みや締め過ぎを管理してきたが、全品検査は事実上不可能だった。
そこで当社は、インライン画像処理計測装置を提案。この装置には当社独自の特殊光学系を用いており、1台のカメラでキャップとボトルの360°方向を同時に取り込めることから、所定マークの角度を検出し、緩みと締め過ぎの全品検査を可能にした。

お問い合わせ
第二営業部

このページトップの先頭へ